ロッククライミング、ボルダリングは、ただでさえ怖くてハラハラドキドキなのに、命綱も使わず、単独で垂直の岩壁をよじ登るフリークライミングは、やはりどう考えても自殺行為でしょう?

世界の名だたるクライマーの命が毎年失われていくわけですから。この世界に足を踏み入れて一流に上り詰めたところで、行きつく先は「滑落」なんですよ。人間のやることですから、完璧は有り得ないし、どこかで必ずミスをする。そしてこの条件ではそのミスが確実に命取りに繋がりますよ。

この動画には世界の超一流のクライマーの神業がありますが、この人達数年後には何人残っているんだろう、と思うと、流石にドン引きです。

命と引き換えのチャレンジは、究極の刹那ですね。