中国には様々な才能が眠ってるんでしょう。

14億の民は伊達じゃない!?

凄い速弾きですね。同じ「熊蜂の飛行」でも、この人が弾くとさらに速くなる。

けれど、音楽ですからねぇ・・・。残念ですが、聴き終わった後に、正直何も残りませんでした。

あまり速いと人間の耳では聴き分けられないというのもあります。けれど、そればかりじゃなくて、音楽は曲芸じゃないわけで、聴く人に訴えるような味というのが、必要なんです。

そしてそれは、故意にはなかなか出せないし出てこないし。ただ速く弾かれて、技巧を見せびらからされも、ドン引きするしかないですので。

コメントに「中国雑技団」ってありましたが、その通りかもしれないですね。