アメリカ空軍の絶対に笑わないための過酷な訓練だそうです。こんな訓練、本当にやってるんでっすかね?
軍隊と言えば厳しいイメージばかりが先行しますが、これが事実ならなんとなく安心したりして。

軍隊の一番の任務は、有事の時に戦場に赴くこと。そこは生死をかけた修羅場ですから・・・恐ろしいに決まってます。

そのために過酷な訓練をして、生き延びることが出来るようにするのが訓練なのだろうと思います。

ですが、厳しいだけの訓練というのは、ドン引きですね。厳しいのは必要でしょうけど。そこにユーモアがあってもいいですから。

もし、これが本当の訓練だったら・・・アメリカ空軍を見直しますね。