怖いCMですねぇ・・・。こういうCMを見せられてしまうと、買いたくなりますよね。

ですが、実はコレステロールと健康の相関関係はこの時点でさえ、非常に怪しかった。そして遂に厚生労働省はコレステロール値と健康の相関関係を否定しましたね。

では、なぜ、こうしたCMが生まれ、世の中にコレステロール悪玉伝説が広まってしまったのでしょう?

詳細な検証が進むにつれ、健康に悪いとされているもの、そして健康に良いとされているものは、実は何の根拠も立証できなかったということが、多すぎます。

つまり、一部の事象(現象)だけを捉えて、それを誇大にすることで、様々な定説は生まれます。物事、いい面も悪い面もある。効果もあれば副作用もある。

そういう見方はとても大切なような気がしますね。