2月17日の衆議院・予算委員会での民進党・福島議員からの質問に安倍総理が答えています。この問題は、国会で取り上げられるまでに発展しました。

安倍総理は「私が関わっていたら、総理大臣を辞任する」と啖呵を切っています。

しかし・・・・

それにしても民進党の福島議員は、どうしようもない軟弱な態度で呆れました。
本来、この問題の調査をしっかりやっているなら、このような中途半端な質問で済むはずがないのです。それは、戦術的には、民進党にとって安倍政権と対峙できるもっとも有効な懸案であるわけですが・・・。

こんなレベルの議員によるこのような体たらくな質問では、どうしようもありません。

やはり、民進党・・・終わってるらしいですね。

このような右傾化賛歌のような、極めて胡散臭い小学校の設立を認可し、ましてや便宜をはかるようなことがあっては、絶対にならないと思います。

また、安倍総理には、このような状況で、お茶を濁してほしくないのですが・・・。

この関わりは捨て置けませんね。