ふてぶてしい会見で話題となった、この芥川賞受賞会見ですが・・・改めてみると、この人「芥川賞と賞金が欲しくて欲しくてしかたなかった」って、顔に書いてありますから。

最近の芥川賞は、文学的な価値よりも、商業ベースにいかに乗せられるかで、選好されるわけです。文章修業もろくにできていない芸人が受賞したり、高齢者だったり。

そして、書店に並べて如何に捌けるか、が勝負どころ。出版不況もどん底ですから、それも仕方ないのかもしれません。

しかし、年々純文学としての価値は薄れていることは事実でしょう。

もしも、このまま、年2回のペースで芥川賞を選好するなら・・・文学界は間違いなく朽ちるでしょうね。

残念な傾向です。