水銀の神経細胞に対する影響を映像化した極めて貴重な動画です。

その昔、中国の始皇帝は、水銀を不老不死の妙薬と信じ込み、服用を続けて亡くなってしまったことが分かっていますし、歴代の皇帝も少なからず服用していたらしいことが分かっています。

また、日本でも、魏志倭人伝に水銀にかんする記述があり、調べて行くとどうやら卑弥呼も愛飲したとか・・・。その後も水銀は非常に貴重な薬として珍重されていた時代が長く続きました。

しかし、そもそも水銀はヒ素化合物であって、非常に毒性が強いもの。その証拠がこの動画と言うわけです。

先人の知恵と言いますが・・・やはり現実には科学的検証が必要のようですね。