個人の反論をYOUTUBEで配信することが、定着してきました。こうした場で意見を述べるのは非常に説得力が出ます。ただし、一方的な配信なので、自己主張の部分限定ですね。

個人的な意見として、こうして主張を配信するのは一つの手段であり、個人が対峙できる数少ない有効な手段だと思います。

ことの真偽は別にして、個人とういうのは報道等に関する限り、完全に弱者です。

「報道の自由」の名のもとに、個人の人権を蹂躙します。

であるなら、個人も対抗手段を持つべきで、その意味ではこうした動画配信は肯定的ですね。