前回の「北朝鮮危機」に関する後半の部分で、日本国内の「北朝鮮工作員」について語ってます。

そもそも、北朝鮮工作員と言われても戦前は、半島はまさしく「日本」であったので、韓国の方も北朝鮮の方も、日本国内には大勢いらっしゃいます。

ここで「日本国内に数千の単位で工作員が・・・」と言っていますが、明らかに拉致を実行したような工作員もいれば、情報収集のための人もいるし、普通に生活をしている方々もいるわけで・・・。その見分けはつかないと思います。

なので、曖昧な現実があるからこそ、断言する言い回しで発言しても大丈夫、みたいなそんな印象も受けますね。

問題なのは、戦前は日本、戦後は韓国と北朝鮮、という経緯です。その経緯のなかで、彼らの存在をどう処遇してきたか、の結果が今日の形であるということで。
そこは、無視できない点ですね。